Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

Vine on WindowsXP

id:rahaema:20051222の方法で、WindowsXP上に、Vine Linux 3.2をインストールしました。Vine Linux 3.2のインストール用のDVDは持っているのですが、自宅のPCには、DVDドライブがついていません。Vine Linuxのホームページ*1より、CDイメージをダウンロードしてインストールしました。

前回同様、以下のページを参考にしていますが、

CDイメージを使用したため、以下のように変更してインストールしました。

ide1:0.fileName = "c:\Vine32-i386.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"

インストール後、上記を以下のように変更して終了です。

ide1:0.fileName = "auto detect"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"

WindowsXPと仮想空間上のVine Linux間でファイル共有したいので、Sambaをインストールしました。

# apt-get install samba
# cd /etc/samba/
# cp smb.conf smb.conf.org

smb.confを以下のように変更。

;username map = /etc/samba/smbusers
passdb backend = tdbsam

sambaで使用するユーザIDとパスワードを設定する。

# pdbedit -a user名

WindowsXPから、

\\VineLinuxのIPアドレス

とアクセスし、ユーザIDとパスワードを入力するとVine Linux上のホームディレクトリにアクセスすることができる。