Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

マインドストーム研修

8/18(火)〜21(金)にかけて,マインドストーム研修を受講してきました。前半2日間でROBOLAB,後半の2日はC言語を使ってロボットを制御する方法を教えていただきました。簡単なライントレースロボットを作成して,ROBOLAB,C言語で制御することをテーマに学んだのですが,非常に楽しく研修することができました。
この教材の良さは,

  • なんといっても楽しい

ということが一番にくると思いますが,あと

  • ハードウェアの信頼性が高いので,ロボットがうまく動かないときにプログラムの問題だと限定することができる

というのが非常にいいと思います。僕のようにものづくりの技術がつたない人間がハンダ付けから行って制御対象物をつくり,マイコンで制御となると,ハードウェアが悪いのか,ソフトウェアが悪いのかの問題の切り分けが難しくなります。
あと,

  • ソフトウェアの開発環境が選べるのがよい

と思います。今回の研修では,最初,ROBOLABで制御する方法を学びました。これは,LEGOブロックを組上げるような感覚で,部品を画面に配置してプログラミングを進めて行く方法で,非常に分かりやすくて,小学生から遊び感覚で使える開発環境だと思います。ROBOLABをある程度使えるようになるとCやJavaという具合にステップアップしていくことで,自然に楽しみながらプログラミング技術を学習できるのではないでしょうか。

  • 競技会がある

というのも大きな魅力のひとつだと思います。WROといって,地方大会,全国大会,そして世界大会も開催されているとのことでした。今回の研修の最終日は,昨年のWROの中学生部門を題材にして競技を行ったのですが,競技を通して,他のロボットからいろいろなことが学べるというのが一番の収穫だろうと感じました。アイデアはまさに十人十色で,「あっ,こんなすれば効率がいいな」とか「こんな方法もあるのか」という目から鱗のような経験をたくさんしました。

今回の研修は,Afrelの方が講師をされましたが,非常に親切で分かりやすい講義で非常に勉強になりました。ありがとうございました。