Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

1分で大切なことを伝える技術

1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書)』を読みました。
第2章「万能! 川のフォーマット」は,こんな話です。

ここでいう川とは,話し手と聞き手の間に横たわる知識の断絶だと考えればよい。完全に地続きの話,つまりわかりきった話をされても面白くない。簡単には渡れない川を踏み石を,踏み石を使って渡り,今まで知り得なかったことを知りたいと思うのが人間なのである。
しかし,高度な話の場合,踏み石を適切に置かなかれば,聞き手は途中で溺れてしまう。
…(途中略)
少なくとも必要なのは,川の存在を分からせることである。そして仮に踏み石が3つあるのなら,2つ目位までは辿り着かせることだ。

これは授業を行うのに意識するには,いいなぁと思います。今までももちろん,どうやれば分かりやすいかということは考えて来たつもりですが,これからは,「川に踏み石を置く」イメージを常に持ちたいなと思います。
あと,
第6章「称賛文化を根づかせよう」も参考になりました。

「You can do it!」とは実にいい言葉である。人を励まし,讃え,心をポジティブにさせる。