読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

anything-grepの使い方

最近,anything.elを使っているのですが,とっても便利です。皆さんが絶賛される理由が分かったような気がします。
Emacsテクニックバイブル ?作業効率をカイゼンする200の技?』を参考にしているのですが,anything-grepのところ(p325)で躓いてしまったので,まとめておきたいと思います。

たとえば,rb_ary_plusをgrepしてみます。

M-x anything-grepの実行

ミニバッファに入力を求められます。ここで以下のように入力します。最初,ここの入力で「*.c」を入力していなかったために,anything-grepが動かないと悩みました*1

enterを入力すると,Directoryの入力を求められますので,以下のように入力します。

実行結果が以下のように表示されました。

ここで,さらに,patternにVと入力すると,候補が絞られます。

rb_ary_plusでenterを入力すると,array.cが開かれ,以下のような状態になりました。

上記のような例の用途ではGLOBALを使うのが妥当かもしれませんが,適切な例を思いつきませんでした。