Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

ニーチェの言葉

超訳 ニーチェの言葉』を読み終えました。ニーチェがどんな人物だったのかよく知りませんが,この本が家にあったので読んでみようかと思ったところです。まだ電子書籍を実際に購入したことはないのですが,電子書籍でもこのような偶然の出会いみたいなことは起こるのでしょうか?本を選ぶときは,自分の好きな本ばかりを選んでしまいがちになると思うので,電子書籍でも家族が購入した本の一覧が共有できる家族本棚のような仕組みがあるといいなと思います。
本書では,232の言葉が紹介されています。はっと気付かされることも多く読んで良かったと思います。183個目に「読むべき書物」として以下のように書かれていましたが,まさにそんな本になりました。

わたしたちが読むべき本とは,次のようなものだ。
読む前と読んだあとでは世界がまったくちがって見えるような本。
わたしたちをこの世の彼方へと連れさってくれる本。
以下略…