Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

思考の整理学

思考の整理学 (ちくま文庫)』を読み終えました。
本書は、グライダー兼飛行機のような人間になるには、どういうことを心がければよいかというテーマで書かれています。グライダー人間とは、先生と教科書に引っ張られて勉強する人間のことでグライダーのように、自分では飛び上がれない人間であり、一方、飛行機人間とは、その逆で自分で飛び上がれる人間を指しています。
今の自分は、生徒が知ろうと思う思わないに関わらず、何が何でも教えてしまおうとするあまり、どんどんグライダー人間を輩出しているような気がします。または空を飛ぼうともしない人間を輩出しているような気もします。これではとても飛行機人間は育ちそうにありません。これからも学校教育に携わる一人として、とても考えされる一冊の本となりました。しばらく時間をおいて、繰り返し繰り返し読み返してみようと思います。