Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

物理を知れば世の中がわかる

物理を知れば世の中がわかる (PHPサイエンス・ワールド新書)

物理を知れば世の中がわかる (PHPサイエンス・ワールド新書)

難解でとっつきにくい印象がある物理ですが、読んでみると物理を学んでみようかなという気にさせてくれる本でした。今、物理を学んでいる高校生が読むと勉強のモチベーションが上がるのではないでしょうか。
以下の4章で構成されていますが、

  • 第1章 日本サッカー・ラグビーは世界に通用するか?
  • 第2章 飛行機はなぜ飛べるか?
  • 第3章 エコロジーな社会
  • 第4章 得体の知れない原子力って?

各章とも退屈することなく読むことができます。第1章を読むと、今後、日本代表チームの試合を見るとき、別な視点で応援するようになると思います。第2章では、飛行機は揚力によって飛ぶとは知っていましたが、揚力はなぜ発生するのか?またなぜ翼の上部が気圧が低くなるのか?などの疑問点が、ベルヌーイの定理を使って丁寧に解説されてあり、揚力発生のメカニズムを理解することができました。今まで興味を持つこともなかったベルヌーイの定理ですが、昨日、飛行機に乗ったばかりということもあり、ものすごく親しみのある定理に思えるようになりました。
第3章では、多くの人(自分も)は二酸化炭素が増えると地球温暖化に繋がるということを知っていると思いますが、では、なぜ二酸化炭素が増えると地球温暖化が進むのかというメカニズムについては知らない人が多いのではないでしょうか。そのメカニズムを知ることで地球温暖化問題への取り組みへの真剣度も変わってくるような気がしました。
第4章では、原子力のプラスの面、マイナスの面について述べられていますが、東日本大震災前に書かれた本であり、今、著者が執筆するとまた違った書き方をされるのではと思います。p201に、

今日、高校生や大学生を含む一般の人々が核分裂に関する基礎的な知識すら持っていないことが多いのは大きな問題を含んでいる。

とありますが、本書が基礎的な知識を得る第一歩になるのではと思います。