読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

私が彼を殺した

最後まで犯人が誰であるのかは書かれておらず、かといって自分では誰なのか分からなかったのですが、袋とじの解説で分かりました。なるほどと思うところもあるのですが、その方法だと本来は付いていないといけない人の指紋がつかなくなるような気がして、ちょっとスッキリしないところもあります。

私が彼を殺した (講談社文庫)

私が彼を殺した (講談社文庫)