読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

鉄の骨

あらすじ

中堅ゼネコンの一松組に入社して4年目の富島平太はある日突然、業務課への異動を命じられる。大学の建築学科を卒業し、入社以来現場を担当してきた平太にとって、営業を担当する業務課は正に畑違い。
着任早々、区役所への挨拶を命じられた平太は、公共工事の最低入札価格や指名入札業者の数に探りを入れる上司と役人とのやり取りにはらはらする。その日の夜の飲み会で平太は、業務課が通称「談合課」と呼ばれる部署であること、談合がなければ建設業界は立ち行かないため談合は「必要悪」であることを聞かされる。
談合は本当に悪なのか、平太の苦悩の日々が始まる。時を同じくして、2000億円規模の地下鉄敷設という大型案件の情報が入る。地検特捜部が水面下で動く中、この大型工事を落札するのは談合で調整を図った企業か、談合からの脱却を図る清廉な企業か。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E3%81%AE%E9%AA%A8

鉄の骨 (講談社文庫)

鉄の骨 (講談社文庫)