読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

『学び合い』入門

学校の授業では、「一斉指導」が当たり前で、それを行うのが教員の役割だと最近まで思っていたのですが、その歴史は、高々百数十年だそうです。今、話題の松下村塾、適々斎塾はそうでなかったことを考えると、「一斉指導」に縛られる必要はないんだなと思えます。

『学び合い』は「一人も見捨てたくない」という願いから生まれた教育の考え方で、それは

  • 「子どもたちは有能である」という子ども観と、
  • 「多様な人と折り合いをつけて自らの課題を解決することを学校で学ぶべき」という学校観

で構成されているとのこと。特に後者は社会で生きていく上でとても大切なことだと思います。この方法が良いとか悪いとかを考えるのではなく、まず、取り組んでみることが大切だと思います。