読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

百田 の検索結果:

カエルの楽園

百田尚樹さんの本は、『海賊とよばれた男』を読んで以来、何冊か読んでいますが、書店で面白い本の名前だなと見かけて購入してみた本です。 読み始めるとすぐに、なんとなく何かを言い表しているような本だなと思いましたが難しいことをここでコメントするのはやめにして、単なるフィクションとしての小説を読み終えた後の感想としては、せめてハンニバルとゴヤスレイは「ナパージュ」を守る英雄のような存在であって欲しかったなぁと思いました。 カエルの楽園作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 新潮社発売日:…

フォルトゥナの瞳

…ですが、道端で蹴った空き缶の音が誰かの運命を変えていき、そして、それがまた誰かの運命を変えていくという運命の連鎖を考えると、ひょっとしたらありえない話ではないなと思えてきます。人の運命について考えさせられる本でした。 そういえば、以前もバタフライ効果について考えたことがありました。 マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話 フォルトゥナの瞳作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/09/26メディア: ?行本-精装この商品を含むブログ (10件) を見る

夢を売る男

最後がいいですね。夢を売る男作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 太田出版発売日: 2013/02/15メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (33件) を見る

風の中のマリア

オオスズメバチのマリアの生き様を通して、次第に自分の生きている意味や何をすべきかなどを考えさせられた本でした。風の中のマリア (講談社文庫)作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/07/15メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 54回この商品を含むブログ (49件) を見る

プリズム

本書は「解離性同一性障害」がテーマになっています。人は自分がその立場にないと、なかなか興味関心を抱くことはないと思うのですが、小説を通して自分の意識を高めるというか、アンテナを張ることができると思う。プリズム作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2011/10/06メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 10回この商品を含むブログ (28件) を見る

モンスター

百田尚樹さんの本を読むのは、『海賊とよばれた男』、『永遠の0』以来です。書店に行ったとき、久しぶりに百田尚樹さんの本が読みたいと思い、本書を手に取ってみました。 読み始めてみると、以前読んだ2作とは全く趣が違うので、ちょっと戸惑いながら読み進めたのですが、最後のエピローグでは鳥肌が立つほどでした。人間にとって何が大切なのか考えさせられました。モンスター (幻冬舎文庫)作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2012/04/12メディア: 文庫購入: 2人 クリック…

永遠の0

永遠の0 (講談社文庫)作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/07/15メディア: 文庫購入: 39人 クリック: 275回この商品を含むブログ (360件) を見る

海賊とよばれた男

…。是非、多くの日本人、とくに若い人には読んで欲しい本だと思います。 人間尊重の百年|出光興産 - IDEMITSU 海賊とよばれた男 上作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/07/12メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 74回この商品を含むブログ (97件) を見る海賊とよばれた男 下作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/07/12メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 38回この商品を含むブログ (74件) を見る