Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

不思議なような不思議でない話

foo.c

以下をコンパイルして実行すると…,

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  char *str1  = "abcdefg";
  char *str2  = "abcdefg";
  char str3[] = "abcdefg";
  char str4[] = "abcdefg";

  printf("str1 = %p\n", str1);
  printf("str2 = %p\n", str2);
  printf("%d\n", str1 == str2);

  printf("str3 = %p\n", str3);
  printf("str4 = %p\n", str4);
  printf("%d\n", str3 == str4);
  return 0;
}

こうなります。。

$ gcc foo.c
$ ./a.out
str1 = 0x1fc6
str2 = 0x1fc6
1
str3 = 0xbffff820
str4 = 0xbffff818
0

タイトルには,「不思議なような不思議でない話」と書きましたが,不思議です。コンパイラがすばらしいんでしょうね。str2が指し示す文字列の実体は新たに作られないみたいです。
しかし,以下のように,-fwritable-stringsオプションをつけてコンパイルすると,str2用に,別な文字列が用意されるようです。

$ gcc -fwritable-strings foo.c
$ ./a.out
str1 = 0x2014
str2 = 0x201c
0
str3 = 0xbffff820
str4 = 0xbffff818
0