Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

ロスジェネの逆襲

今日は代休を頂いてました。ということで、一気に読み終えました。前作同様『半沢直樹』の台詞からパワーをもらったような気がします。

「世の中を儚み、文句を言ったり腐してみたりする―。でもそんなことは誰にだってできる。お前は知らないかもしれないが、いつの世にも、世の中に文句ばっかりいってる奴は大勢いるんだ。だけど、果たしてそれになんの意味がある。たとえばお前たちが虐げられた世代なら、どうすればそういう世代が二度と出てこないようになるのか、その答えを探すべきなんじゃないか。」

「仕事は客のためにするもんだ。ひいては世の中のためにする。その大原則を忘れたとき、人は自分のためだけに仕事をするようになる。自分のためにした仕事は内向きで、卑屈で、身勝手な都合で酷く歪んでいく。そういう連中が増えれば、当然組織も腐っていく。組織が腐れば、世の中も腐る。わかるか?」