Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

8年越しの花嫁 奇跡の実話

子供が買った本が目についたので、どんな本を読んでいるんだろうと何気無く手に取ってパラパラと読み始めたら、途中でやめられなくなって最後まで一気に読んでしまいました。

読み終えて、調べて見ると最近、映画化もされているんですね。最近の事情に疎いので全く知らなかったのですが、是非、映画も見てみたいと思うような感動の物語(実話)でした。

2018年最初に読み終えた本が、この本で良かったと思います。

ノベライズ版 8年越しの花嫁 奇跡の実話

ノベライズ版 8年越しの花嫁 奇跡の実話


【2017年12月16日映画公開決定】8年越しの結婚式~アーヴェリール迎賓館岡山(T&G)

ブラウザからRaspberry Piに接続されたServoを動かす実験

Raspberry PiサーボモータWebカメラを接続し、Mac上のブラウザからカメラの画像を見ながらサーボモータを制御する実験を行ってみました。

実験なので、サーボモータWebカメラは両面テープで貼り付けています。

f:id:rahaema:20180104170408j:plain

以前、個別に取り組んだこと

を組み合わせることで、なんとか形を作ることができました。

main.rb

views/index.erb

実行結果

f:id:rahaema:20180104172158p:plain

まとめ

ゆくゆくは、Raspberry Pi+Webカメラを搭載したミニカーを製作し、タブレットなどでRaspberry Piから送られてくる動画を見ながらミニカーをコントロールすることを想定しています。

今回やってみて、

  • 今まで積み重ねてきたことを組み合わせていけば十分可能性はある。
  • しかし、Macのブラウザ上で表示される動画が遅く、このままではミニカーが障害物にぶつかり、とても制御できる感じではありませんでした。

使用したのRaspberry Piが初代だからなのでしょうか。現在の最新機種でも試してみたいところです。

天気に応じてLEDの点灯パターンを変える(2)

天気に応じてLEDの点灯パターンを変える - Mae向きなブログ」では、Raspberry PiからYahoo天気予報のピンポイント天気にアクセスし、現在の時刻の天気に応じてLEDの点灯パターンを変えるスクリプトを作成しました。

このスクリプトでは、まだ「曇り」の場合しか実装していませんが、今後、「晴れ」、「雨」、「雪」などといろんな天気を追加していくにつれ、case文の条件が長くなってしまいます。実は前回作成したときにこの問題点に気付いてはいたのですが、つい安易な実装で済ませていました。

このような場合には、デザインパターンのStateパターンを使った方が良いと思い改善してみました*1

get_yahoo_weather2.rb

天気の状態を増やすには

「晴れ」のとき、LEDを5回点滅させるという動作を追加したいとき、Stateクラスを継承した「S晴れ」クラスを作成し、動作をdoメソッドの中に書いていくことになります。

class S晴れ < State
  def do io
    5.times {
      io.digital_write(LED, WiringPi::HIGH)
      sleep 0.5
      io.digital_write(LED, WiringPi::LOW)
      sleep 0.5
    }
  end
end

前回のプログラムでは、天気の状態を増やす場合は、以下のcase文を増やしていく必要がありましたが、

    weather = get_weather
    case weather
    when "晴れ"
      # …

Rubyでは、文字列から動的にクラスを取得しインスタンスを生成することができるので、天気の状態を増やしても以下(63,64行目)は変更する必要がありません。ただクラス名はアルファベットの大文字で始まらなければならないので、'S'を天気の前に追加しています。

    weather = get_weather
    Object.const_get("S#{weather}").new.do(io)

参考

*1:Contextの役が出てきてないので、厳密にいうとStateパターンではないのかもしれません

B1クラブ全チーム(18チーム)選手を身長の高い順に並べ替え

第93回天皇杯・第84回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会のファイナルラウンドが1月4日(木)~7日(日)の日程で始まります。 大会公式ホームページの

にB1クラブ全チーム(18チーム)のプレイヤーリストが掲載されていますので、身長の高い順に並べ替えてみました*1

選手リスト

身長(cm) 氏名
221 ハシーム・サビート・マンカ(横浜ビー・コルセアーズ)
216 ヴァンデンバーグ・ジョーダン(西宮ストークス)
214 ギャレット・スタツ(島根スサノオマジック)
213 ロバート・サクレ(サンロッカーズ渋谷)
211 ダニエル・ミラー(レバンガ北海道)
アレックス・カーク(アルバルク東京)
デクスター・ピットマン(富山グラウジーズ)
スコット・モリソン(三遠ネオフェニックス)
ディオー・フィッシャー (滋賀レイクスターズ)
オマー・サムハン(滋賀レイクスターズ)
ヒルトン・アームストロング(琉球ゴールデンキングス)
210 ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)
209 アンドリュー・ネイミック(栃木ブレックス)
208 ランデン・ルーカス(アルバルク東京)
ジョシュ・ハレルソン(サンロッカーズ渋谷)
ジャレッド・バーグレン(新潟アルビレックスBB)
ダニエル・オルトン(シーホース三河)
アイザック・バッツ(シーホース三河)
クレイグ・ブラッキンズ(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
ジョシュア・スミス(京都ハンナリーズ)
グレッグ・スミス(大阪エヴェッサ)
デイビッド・ウェア(大阪エヴェッサ)
ジョシュ・スコット(島根スサノオマジック)
207 竹内 譲次(アルバルク東京)
206 マーク・トラソリーニ(レバンガ北海道)
竹内 公輔(栃木ブレックス)
ライアン・ロシター(栃木ブレックス)
ギャビン・エドワーズ(千葉ジェッツ)
トニー・ガフニー(千葉ジェッツ)
マクドナルド ウィリアム(横浜ビー・コルセアーズ)
オースティン・ダフォー(新潟アルビレックスBB)
太田 敦也(三遠ネオフェニックス)
マーカス・ダブ(京都ハンナリーズ)
コナー・ ラマート(西宮ストークス)
ブレンダン・レーン(島根スサノオマジック)
205 サム・ウィラード(富山グラウジーズ)
ファイ サンバ(滋賀レイクスターズ)
204 伊藤 俊亮(千葉ジェッツ)
ジャワッド・ウィリアムズ(アルバルク東京)
ドリュー・ヴァイニー(富山グラウジーズ)
203 グレゴリー・ウィッティントン (レバンガ北海道)
ジョシュ・デービス(川崎ブレイブサンダース)
ジェフリー・パーマー(横浜ビー・コルセアーズ)
ダバンテ・ガードナー(新潟アルビレックスBB)
桜木 ジェイアール(シーホース三河)
ジュリアン・マブンガ(京都ハンナリーズ)
ジーノ・ポマーレ(大阪エヴェッサ)
202 青木 ブレイク(富山グラウジーズ)
201 カルティエ・マーティン(三遠ネオフェニックス)
ハッサン・マーティン(琉球ゴールデンキングス)
200 マイケル・パーカー(千葉ジェッツ)
野本 建吾(川崎ブレイブサンダース)
ジャスティン・バーレル(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
199 ローレンス・ブラックレッジ(三遠ネオフェニックス)
198 セドリック・ボーズマン(栃木ブレックス)
荒尾 岳(千葉ジェッツ)
馬場 雄大(アルバルク東京)
満原 優樹(サンロッカーズ渋谷)
ジャマール・ソープ(サンロッカーズ渋谷)
ジュフ・バンバ(川崎ブレイブサンダース)
佐藤 託矢(横浜ビー・コルセアーズ)
小原 翼(富山グラウジーズ)
ジェロウム・ティルマン(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
大宮 宏正(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
永吉 佑也(京都ハンナリーズ)
頓宮 裕人(京都ハンナリーズ)
197 小野 龍猛(千葉ジェッツ)
鎌田 裕也(川崎ブレイブサンダース)
張本 天傑(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
小阪 彰久(島根スサノオマジック)
196 野口 大介(レバンガ北海道)
鵜澤 潤(新潟アルビレックスBB)
比留木 謙司(三遠ネオフェニックス)
西川 貴之(シーホース三河)
土屋 アリスター時生(西宮ストークス)
195 根来 新之助(大阪エヴェッサ)
熊谷 尚也(大阪エヴェッサ)
坂井 レオ(西宮ストークス)
194 桜井 良太(レバンガ北海道)
遥 天翼(新潟アルビレックスBB)
寒竹 隼人(大阪エヴェッサ)
バーンズ・ドゥレイロン(西宮ストークス)
193 ザック・バランスキー(アルバルク東京)
広瀬 健太(サンロッカーズ渋谷)
川村 卓也(横浜ビー・コルセアーズ)
上江田 勇樹(富山グラウジーズ)
樋口 大倫(滋賀レイクスターズ)
谷 直樹(西宮ストークス)
アイラ・ブラウン(琉球ゴールデンキングス)
192 落合 知也(栃木ブレックス)
栗原 貴宏(川崎ブレイブサンダース)
鹿野 洵生(三遠ネオフェニックス)
金丸 晃輔(シーホース三河)
高橋 耕陽(滋賀レイクスターズ)
谷口 淳(西宮ストークス)
波多野 和也(島根スサノオマジック)
191 菊地 祥平(アルバルク東京)
菊池 真人(サンロッカーズ渋谷)
湊谷 安玲久司朱(横浜ビー・コルセアーズ)
池田 雄一(新潟アルビレックスBB)
宇都 直輝(富山グラウジーズ)
加藤 寿一(シーホース三河)
中東 泰斗(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
晴山 ケビン(京都ハンナリーズ)
190 折茂 武彦(レバンガ北海道)
アキ・チェンバース(千葉ジェッツ)
田中 大貴(アルバルク東京)
長谷川 技(川崎ブレイブサンダース)
高島 一貴(横浜ビー・コルセアーズ)
比江島 慎(シーホース三河)
森川 正明(シーホース三河)
船生 誠也(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
安藤 周人(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
藤高 宗一郎(大阪エヴェッサ)
セオン・エディ(西宮ストークス)
熊谷 宜之(島根スサノオマジック)
古川 孝敏(琉球ゴールデンキングス)
188 牧 全(レバンガ北海道)
川邉 亮平(レバンガ北海道)
谷口 光貴(川崎ブレイブサンダース)
満田 丈太郎(横浜ビー・コルセアーズ)
竹田 謙(横浜ビー・コルセアーズ)
大塚 裕土(富山グラウジーズ)
岡田 慎吾(三遠ネオフェニックス)
松井 啓十郎(シーホース三河)
中務 敏宏(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
内海 慎吾(京都ハンナリーズ)
橋本 拓哉(大阪エヴェッサ)
石崎 巧(琉球ゴールデンキングス)
田代 直希(琉球ゴールデンキングス)
187 原 修太(千葉ジェッツ)
小澤 智将(川崎ブレイブサンダース)
田中 健介(富山グラウジーズ)
岩田 涼太(三遠ネオフェニックス)
石塚 裕也(西宮ストークス)
須田 侑太郎(琉球ゴールデンキングス)
渡辺 竜之佑(琉球ゴールデンキングス)
186 川嶋 勇人(三遠ネオフェニックス)
菅原 洋介(滋賀レイクスターズ)
澤地 サミュエルジュニア(滋賀レイクスターズ)
佐藤 公威(島根スサノオマジック)
185 遠藤 祐亮(栃木ブレックス)
鵤 誠司(栃木ブレックス)
山崎 稜(栃木ブレックス)
喜多川 修平(栃木ブレックス)
長谷川 智也(サンロッカーズ渋谷)
辻 直人(川崎ブレイブサンダース)
水戸 健史(富山グラウジーズ)
田渡 修人(三遠ネオフェニックス)
田中 大地(滋賀レイクスターズ)
岡田 優介(京都ハンナリーズ)
坂東 拓(京都ハンナリーズ)
184 伊藤 大司(レバンガ北海道)
岡田 優(富山グラウジーズ)
狩野 祐介(滋賀レイクスターズ)
片岡 大晴(京都ハンナリーズ)
澤邉 圭太(大阪エヴェッサ)
183 関野 剛平(レバンガ北海道)
松島 良豪(レバンガ北海道)
清水 太志郎(サンロッカーズ渋谷)
ベンドラメ 礼生(サンロッカーズ渋谷)
蒲谷 正之(横浜ビー・コルセアーズ)
城宝 匡史(新潟アルビレックスBB)
橋本 尚明(富山グラウジーズ)
柏木 真介(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
長谷川 智伸(滋賀レイクスターズ)
今野 翔太(大阪エヴェッサ)
合田 怜(大阪エヴェッサ)
梁川 禎浩(西宮ストークス)
金城 茂之(琉球ゴールデンキングス)
182 石井 講祐(千葉ジェッツ)
宮永 雄太(富山グラウジーズ)
相馬 卓弥(島根スサノオマジック)
181 安藤 誓哉(アルバルク東京)
佐藤 優樹(新潟アルビレックスBB)
180 田原 隆徳(レバンガ北海道)
生原 秀将(栃木ブレックス)
阿部 友和(千葉ジェッツ)
小島 元基(アルバルク東京)
正中 岳城(アルバルク東京)
山田 謙治(横浜ビー・コルセアーズ)
田渡 凌(横浜ビー・コルセアーズ)
五十嵐 圭(新潟アルビレックスBB)
笹山 貴哉(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
渡邊 翔太(島根スサノオマジック)
後藤 翔平(島根スサノオマジック)
179 村上 直(シーホース三河)
178 藤井 祐眞(川崎ブレイブサンダース)
篠山 竜青(川崎ブレイブサンダース)
橋本 竜馬(シーホース三河)
狩俣 昌也(シーホース三河)
小林 遥太(滋賀レイクスターズ)
横江 豊(滋賀レイクスターズ)
綿貫 瞬(京都ハンナリーズ)
安部 潤(大阪エヴェッサ)
松崎 賢人(西宮ストークス)
道原 紀晃(西宮ストークス)
津山 尚大(琉球ゴールデンキングス)
177 西村 文男(千葉ジェッツ)
木下 博之(大阪エヴェッサ)
176 前村 雄大(栃木ブレックス)
175 山内 盛久(サンロッカーズ渋谷)
細谷 将司(横浜ビー・コルセアーズ)
輪島 射矢(新潟アルビレックスBB)
174 伊藤 駿(サンロッカーズ渋谷)
173 田臥 勇太(栃木ブレックス)
藤永 佳昭(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
伊藤 達哉(京都ハンナリーズ)
山本 エドワード(島根スサノオマジック)
二ノ宮 康平(琉球ゴールデンキングス)
岸本 隆一(琉球ゴールデンキングス)
172 大口 真洋(三遠ネオフェニックス)
並里 成(滋賀レイクスターズ)
大塚 勇人(西宮ストークス)
171 多嶋 朝飛(レバンガ北海道)
大石 慎之介(三遠ネオフェニックス)
170 畠山 俊樹(新潟アルビレックスBB)
鈴木 達也(三遠ネオフェニックス)
岡本 飛竜(島根スサノオマジック)
167 冨樫 勇樹(千葉ジェッツ)

関連

zennihon2017_18by_height.rb

*1:本当は、B2も調べたかったのですがリンク先がないチームがあったので断念しました。

B1クラブ全チーム(18チーム)選手の出身校人数調べ

第93回天皇杯・第84回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会のファイナルラウンドが1月4日(木)~7日(日)の日程で始まります。 大会公式ホームページの

にB1クラブ全チーム(18チーム)のプレイヤーリストが掲載されていますので、選手の出身校別の人数を調べてみました*1

将来Bリーグの選手を目指す中高生の参考になればと思います。

出身校別人数(降順)

出身校 人数
東海大学 25
青山学院大学 20
筑波大学 11
拓殖大学 8
日本大学 8
大東文化大学 7
専修大学 7
日本体育大学 6
中央大学 5
大阪学院大学 5
天理大学 4
法政大学 4
明治大学 4
早稲田大学 3
近畿大学 3
コネチカット大学 3
マーケット大学 2
コロンビア大学 2
愛知学泉大学 2
ジョージタウン大学 2
慶應義塾大学 2
アップルスポーツカレッジ 2
コロラド大学 2
大阪商業大学 2
同志社大学 2
白鴎大学 2
テキサス大学 2
関西学院大学 2
ゴンザガ大学 2
国士舘大学 2
ケンタッキー大学 2
ロヨラ・メリーマウント大学 1
パシフィック大学 1
浜松大学 1
国学院大学 1
サンディエゴ・シティ・カレッジ 1
カンザス州立大学 1
ポートランド州立大学 1
国際武道大学 1
アパラチアン州立大学 1
UCLA 1
セント・ジョーンズ大学 1
オハイオ大学 1
アイオワ州立大学 1
福岡第一高校 1
東京成徳大学 1
セント・メリーズ大学 1
ウェストバージニア大学 1
ゴードン大学 1
オハイオ州立大学 1
神奈川大学 1
マイアミ大学 1
関西大学 1
サンディエゴ大学 1
カリフォルニア州立大学 1
カリフォルニア大学 1
芦屋大学 1
ディポール大学 1
甲南大学 1
京都産業大学 1
ノースカロライナ州立大学 1
立命館大学 1
大阪教育大学 1
新潟工業短期大学 1
ペパーダイン大学 1
ウィチタ州立大学 1
ロードアイランド大学 1
福岡大学所属大濠高校 1
ソノマ州立大学 1
ジョージア工科大学 1
サンタクラーラ大学 1
札幌大学 1
ポートランド大学 1
ブリガムヤング大学ハワイ校 1
ミシガン州立大学 1
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 1
タコマ・コミュニティ大学 1
シエナ大学 1
モントロス・クリスチャン高校 1
エバーグリーン州立大学 1
カリフォルニア大学マーセド校 1
マサチューセッツ大学 1
カンザス大学 1
ノースカロライナ大学 1
ニューメキシコ大学 1
ヒューストン大学 1
尚学院国際ビジネスアカデミー 1
日本大学東北高等学校 1
サンディエゴ州立大学 1
東海大学九州 1
ネバダ大学 1
関東学院大学 1
盛岡南高等学校 1
フロリダ・アトランティック大学 1
ドミニカン大学 1
サウスフロリダ大学 1
ウィスコンシン大学 1
ニューヨーク市立大学シティカレッジ 1

関連

zennihon2017_18.rb

*1:本当は、B2も調べたかったのですがリンク先がないチームがあったので断念しました。

2017年、読んだ本のリスト

2017年は21冊、本を読みました。

get_book_titles.rb

集計には以下のスクリプトを使用しています。

実行

$ ruby get_book_titles.rb 2017

過去の読んだ本リスト

太陽光発電の状況(H24〜29)

各月の売電状況

f:id:rahaema:20171228194746p:plain

ちょっと見辛いので、6年間の平均と今年のデータで比較してみたのが以下のグラフです。今年は6,7月の売電状況が良かったようです。

f:id:rahaema:20171228194725p:plain

年毎の売電状況

以下は年毎の売電状況を示したグラフです。昨年まで減少していたので、機器の劣化が影響していると思ったのですが、今年は増加しました。

f:id:rahaema:20171228194735p:plain

型式

  • シャープ ND-165AA 3.96KW