Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

Servletの疑問点

昨日の続きです。以下のような操作をしました。

  1. Webアプリケーションの登録(server.xmlの編集)
  2. web.xmlの作成
  3. HelloWorldExample.javaの作成
  4. コンパイルし適切なディレクトリに配置
  5. Tomcat起動
  6. ブラウザからアクセス可能
  7. cp HelloWorldExample.java HelloWorldExample2.java
  8. コンパイルし適切なディレクトリに配置
  9. web.xmlへ上記のサーブレットを登録
  10. ブラウザからアクセス不可能
  11. Tomcatを再起動
  12. ブラウザからアクセス可能

現在は,Tomcatを再起動しないと,新たに作成したサーブレットにアクセスすることができない。
server.xmlにアプリケーションを登録するときには,reloadable="true"としていたので,いちいちTomcatを再起動をしなくても認識してくれると思ってましたが,現状だと,3年生対象に実習をしようと考えた場合,サーブレットを作成するたびに,suしてTomcatの再起動が必要になるなどちょっと厳しくなります。生徒にroot権限を与えるわけにもいかないし,何かよい方法はないでしょうか?大学なんかではどういう形態で実習をしているのでしょうか?