Mae向きなブログ

Mae向きな日記のブログ版。ようやくこちらに移行してきました。

目盛りの消えた定規

「目盛りの消えた定規(Sparse ruler)」という面白い問題があるんですね。

例えば、6cmの定規の場合、1cmと4cmの所に目盛りがありさせすれば、1cmから6cmまでを計測することができるというものです。詳しくは参考サイトで説明されているのですが、自分の理解を深めるためにRubyで作ってみました。

sparse_ruler.rb

実行結果

以下が実行結果です。6cmの定規の場合、1cmと4cmの所に、10cmの定規の場合、1cm,2cm,3cm,6cmの所に目盛りがあればいいようです。

$ ruby sparse_ruler.rb
6
1,4
$ ruby sparse_ruler.rb
10
1,2,3,6
$ ruby sparse_ruler.rb
15
1,2,3,4,10

参考サイト